メニュー

九州・中国地方密着型!組み込み機器のお悩み、当社が解決します!

組み込み機器 受託開発・生産センター.com
組み込み機器 受託開発・生産センター.com

Produced by株式会社サンエス

技術情報・技術コラム

マイコンに必要な通信機能とは?

マイコンとは?

マイコンとは電気機器を制御するための小さなコンピュータで、マイクロコントローラやMCU(Micro Controller Unit)、マイクロコンピュータとも呼ばれています。マイコンを用いることで、制御回路の部品を少なくすることができるため、電子機器の小型化が可能となります。また、マイコンのソフトウェアを書き換えられるため、動作を変更するたびに電子部品を組み直す必要がなく、設計・開発にかかる時間の短縮が可能となります。そのマイコンの大切な役割の一つに、マイコン外部にある周辺機器と情報を交換する通信機能があります。通信機能には複数のビットから成るデータを1ビットずつ転送するシリアル通信と複数ビットのデータを同時に転送するパラレル通信があります。

>>高度化する組み込み機器に必要なマイコンとは?はこちら

シリアル通信とは?

「シリアル」とは直列や直線を意味する言葉で、シリアル通信は1ビットずつ順番にデータを送受信する通信・転送方式です。少ない信号線での接続が可能であるため、線材や中継装置のコストが抑えられるなどのメリットがあります。シリアル通信はクロック線がある(同期式)か、クロック線がなくクロック情報がデータに重畳されている(非同期式)かという2種類に大別されます。

①メリット

シリアル通信はデータ量がどんなに多くても通信回線は1本で済みます。そのため、データ量が多くなるほどパラレル通信よりもシリアル通信の方がコストを抑えることができます。また、シリアル通信の場合は後から通信の内容やデータ量を増やすことになっても、大きな改造を伴わずに対応が可能です。また、1本の通信経路でデータを順番に処理していくので、通信距離が長くなったとしても、それぞれのデータの到着タイミングがズレにくいという特徴があります。

②デメリット

1本の通信経路で順番にデータを処理していくという方式上、通信速度は遅くなります。

パラレル通信とは?

並列伝送方式とも言われ、複数の通信回線を用いることによりデータを一度に複数ビット伝送する方式です。シリアル伝送方式にくらべて回路数が多くなり、高コストになりますが、より高速な転送速度が得られるという特徴があります。

①メリット

データ通信を複数の通信経路で同時に行うので、1つずつ通信を行うシリアル通信よりも高速となります。

②デメリット

やり取りするデータの数だけ通信経路が必要になるため、必然的に通信線の数が多くなります。配線数が多くなるということはコストアップに繋がってしまいます。また、パラレル通信の場合、それぞれのデータの到着タイミングが重要となります。データの到着タイミングにバラツキがあると、正常に通信することが出来ません。そのため、長距離通信には不向きです。

組み込み機器の開発なら、当社にお任せください。

組み込み機器 受託開発・生産センターを運営する株式会社サンエスは、組み込みソフトウェアの受託開発を行っています。また、当社は回路設計・組み込みソフトウェアの知見を持つエンジニアが在籍し、ハードウェア・ソフトウェア双方から全体設計を行うことで、要求仕様・要求動作を実現するための最適な設計を行います。もちろん、組み込みソフトウェアのみの開発も可能です。お気軽にお問い合わせください。

>>組み込みソフトウェア 受託開発サービスはこちら

>>お問い合わせはこちら

技術情報・技術コラム一覧に戻る

技術情報・技術コラム

組み込みLinuxとは? | 組み込み機器 受託開発・生産センター.com
  • マイコン制御

組み込みLinuxとは?

Linuxとは、現在フリーソフトウェアとして公開されているOSで、誰でも無料で入手することができます。元々パソコン向けソフトウェアとして開発されましたが、組み込み機器の高機能化に伴い、その汎用性の高さが注目され、現在ではテレビやスマートフォン、産業機械の組み込みシステムを構築する際にも使われるようになりました。

組み込みソフトウェア・組み込みシステムの開発における代表的な課題 | 組み込み機器 受託開発・生産センター.com
  • 組み込みソフトウェア

組み込みソフトウェア・組み込みシステムの開発における代表的な課題

組み込みソフトウェアとは、電子機器や組み込みシステムに搭載されて動作するソフトウェアのことを指します。組み込み機器は限られた用途・目的を果たすものであるため、組み込みソフトウェアの機能も限られます。つまり、必要最小限のソフトウェア・ハードウェアで構成されることにより、低コストでの提供が可能です。

お気軽にご相談ください

組み込み機器 受託開発・生産センター.comを運営する株式会社サンエスは、九州・中国地方に特化したサービス提供を行っており、ものづくりのパートナーとして選ばれています。回路・基板設計~メカ設計までの一貫対応と、部品実装や組立まで任せられるODM企業として、皆様の困難な課題を解決します。

[受付時間] 9:00〜17:00
土日祝 定休
084-960-6370
制御システム事業部 業務推進室 宛
技術資料のダウンロードはこちらから 技術資料ダウンロ―ド メールフォームでのお問い合わせはこちらから ご相談お問合せ